うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


森田療法

 

うつ病にはいくつかの治療方法がありますが、中には独自の理論で実践している治療方法もあります。

 

森田療法もその一つです。

 

慈恵医大精神神経科の初代教授である森田氏が自身の神経症体験から考案した精神療法のことです。

 

うつ病の治療は基本的に通院しながら行いますが、森田療法は入院をして行います。

 

一般的にはうつ病の治療において、不安や恐怖心をできるだけ排除して穏やかな状態で休養を取り、そこに様々な治療法を取り入れます。

 

ですが、森田療法では入院し、あえて不安や恐怖に向き合いそれを自身が受け入れることで、囚われた状態から脱出することを目的としています。

 

不安やストレスが原因の場合は、それを遠ざけることで精神を安定させますが、あえて受け入れることで自分が持っている自然治癒力を最大限に引き出せるようにすることを目的とした治療法です。

 

森田療法では不安や恐怖をあえて排除したり遠ざけることは、自然の摂理に反するという考えで、受け入れることで本来の健康を取り戻そうという考えです。

 

うつ病になった場合は自分がうつ病であると聞かされれば、殆どの場合ショックを受けるでしょう。

 

しかしそれをあえて受け入れることで、囚われという悪循環に陥らずうつ病を克服できるようになると言われています。

 

受け入れるということは厳しい現実に直面した時、精神的なダメージからさらに落ち込むことが予想されます。

 

通院の場合は家でどのように対処していいか分からずこれが更なるストレスになりますが、入院することで管理しながら治療を進めることができます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

森田療法

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。