うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


認知療法

 

うつ病の治療には、認知療法を取り入れることもあります。

 

ただしうつ病の症状が重い場合は、認知療法を取り入れることでかえって症状が悪化することもあるので、どの場合に取り入れるかは医師の判断によります。

 

うつ病の場合マイナス思考が強くなるので、認知療法によって考え方を改善することを目的としています。

 

うつ病のせいでマイナス思考になっている場合は、その人の元々の思考とは違っている場合が多いと言われています。

 

うつ病は脳の神経伝達物質の分泌量が減ることが原因だと分かっています。

 

今までプラス思考だった人も、うつ病になってしまうとすべてマイナス思考に変わってしまいます。

 

人から見たら何でもないような些細なことにも大きな不安を感じ、悪い方に考えてしまうようになります。

 

この考え方を改善するのが認知療法です。

 

うつ病は脳に原因があることから、一度マイナス思考になってしまうと脳はその状態を学習してしまいます。

 

このためクセのようになってしまうこともあるので、これがクセにならないよう認知療法で改善させるのです。

 

認知療法といってもその人に合わせて様々な方法を選びます。

 

薬物療法などと併用することで、治療の効果も出やすいことから単独で行うよりは他の治療法と併用するのが一般的です。

 

ただしどんなシチュエーションで行うかについては、個人差も大きいので医師の判断に任せます。

 

人によって効果が出るまでに時間がかかる場合もあるので、焦らず自分のペースで治療を続けましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

認知療法

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。