うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


薬物療法

 

うつ病の治療をする時にはいくつかの方法がありますが、薬物療法は最も多く取り入れられている方法です。

 

薬を使うことで症状の改善や予防をすることができます。

 

使用する薬はその人の症状によっても変わりますが、主に抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬、向精神薬などが使用されます。

 

ただし症状に合わせて薬を選んでも効果が改善されない場合もあるので、この場合は薬の種類を変えることもあります。

 

うつ病の場合は強いストレスや不安で、普段の精神状態とは違った状態になります。

 

それまでおしゃれで活発だった人が、うつ病になったことで無気力になり身なりも気にせず、まるで別人のようになってしまうこともあります。

 

これはうつ病のせいなので、治療をして克服できればまた元のように生活することは可能です。

 

薬物療法は、気持ちを高めたり、不安や緊張を取り除くなどの効果があるものを使います。

 

ただし種類によっては効き目が表れるまでに時間がかかるものもあるので、即効性を期待せずじっくりと治療を続けることも大切です。

 

ただし薬の場合はどうしても副作用も気になります。

 

うつ病の治療に使う薬にも多少の副作用があるので、副作用がきついからといって医師に相談せず自己判断で薬の服用を中止するようなことは避けましょう。

 

薬物療法をする場合には、薬を飲む時必ず医師の指示通り飲むことも大切です。

 

また薬は一種類ではなく違う種類を併用することもあります。

 

この場合も医師の指示通り服用することが大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

薬物療法

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。