うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と関節リウマチの関係

 

関節リウマチというのは、その名の通り関節が炎症や変形を起こす病気です。

 

原因は自己免疫が関係していると言われています。

 

関節が炎症を起こせば関節痛として痛みも感じますし、変形してしまうことで動きも制限されてしまうこともあります。

 

どこの関節に症状が出るかは個人差もありますが、こわばったようになることで思うように動かせなくなるのでかなりのストレスとなります。

 

さらに痛みも加わるので精神的なダメージも大きいと言われています。

 

関節炎になれば炎症から腫れてしまうこともありますし、自己免疫が原因となるため他の病気との合併症などもあります。

 

関節リウマチの痛みと、不自由さはその人にとって大きなストレスとなります。

 

治療も可能ですが短時間で完治するものではないので、その間にうつ病を併発することもあります。

 

関節リウマチは治療にも時間がかかりますし、生涯治療を続けることになります。

 

治療によって痛みを緩和したり、関節が変形するのを食い止めることはできます。

 

痛みというのはなかなか人に理解してもらえないので、患者さんも辛いところです。

 

うつ病も時間はかかりますが、関節リウマチが原因となっている場合には治療をし痛みを緩和することができればストレスの原因も緩和されるので、うつ病の症状も少しずつ改善していきます。

 

ただしどちらも簡単に治せるものではないので、周囲の理解とサポートは必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と関節リウマチの関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。