うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と不妊症の関係

 

不妊症の人にとって妊娠出来ないことは大きなストレスになります。

 

不妊症の定義は結婚して通常の夫婦生活があるにも関わらず、2年以上妊娠できない場合を不妊症としています。

 

中には3年目や4年目に自然妊娠するというケースもありますが、それでも妊娠出来ない場合は不妊治療という選択肢もあります。

 

この場合自分が強く子供を望んでいる人もいれば、夫の親からの期待が大きいこともあります。

 

人によっては身体的な事情があってどんなに子供が欲しくても妊娠できない人もいます。

 

しかし夫の両親は子供が出来て当たり前のように期待しているので、このことが大きなストレスになってしまいうつ病になるというケースもあります。

 

特に周囲からの期待が大きいほどストレスやプレッシャーになりやすいので配慮も必要です。

 

また他の人は普通に妊娠しているのに、自分が原因で妊娠できないと自分を責めてしまうこともあります。

 

不妊症の原因も色々ですが、考えすぎてしまい自分を追い込みプレッシャーを感じてしまうことがストレスになり、不妊の原因になることもあります。

 

しかし中には不妊とわかっただけで大きなショックを受けうつ病になる人もいます。

 

不妊治療をしようと決心してもそれが長期間に及び、なかなか結果が出ないことも大きなストレスになり不妊治療中にうつ病になる人もいます。

 

どちらもデリケートな問題ですが、大切なのは周囲の人が暖かく見守ることです。

 

うつ病の人に頑張れと言わないのと同じように、不妊症の人に赤ちゃんの話をしないなど気遣いも必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と不妊症の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。