うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病とマイナス思考の関係

 

マイナス思考だと自覚している人も多いと思いますが、こればかりはそう簡単に改善できるものではありません。

 

何かあった時、全て自分のせいにしてしまい、自分を責めることである意味安心してしまいます。

 

しかしこれは本当の安心ではないし、このことが余計にストレスになり悪循環に陥ります。

 

うつ病になったことでどんなこともマイナス思考がさらに強まるので、それこそ放っておけばどん底まで落ち込んでしまいます。

 

マイナス思考にどっぷりはまっている時には、正常な判断力もどこかに行ってしまうので、今までしなかったようなミスをするようになりさらに自分を責めてしまいます。

 

うつ病だったとしてもそのことにすぐに気づくことは稀なので、多くの人がストレスを抱えたまま更なるマイナス思考になっていきます。

 

この場合既にうつ病の症状が出ているので、そのことに早く気づくことが大切です。

 

自分がうつ病だと聞けば誰でもショックを受けますますが、原因がうつ病とわかればどこかホットする部分もあります。

 

マイナス思考はある意味うつ病の症状と言っていいかもしれません。

 

しかしうつ病は治療が可能ですし、時間はかかりますが適切な治療をすれば克服することもできます。

 

一度マイナス思考になるとなかなか抜け出せませんが、無理をせずゆっくり休養を取りながら少しずつ気持ちを変えていくことが大切です。

 

これを可能にするには家族や周囲の人のサポートと理解も必要になります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病とマイナス思考の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。