うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


中高年のうつ病の特徴

 

中高年になるとうつ病になる人もいます。

 

私も言ってみれば中年に差し掛かる頃にうつ病になったので、中高年のうつ病の特徴を確認してみようと思います。

 

まず男性も女性も働き盛りと言われる時期ですね。

 

仕事をしている人もある程度経験を積み、ベテランになっている時期ですし、結婚や出産、昇進など嬉しいことも多くなる時期です。

 

しかし体には徐々に老化現象が見え隠れしてきますし、厄年と言われるように毎日の生活習慣によっては病気になる可能性も高まります。

 

子供は成長し独立したり、親は歳を取り介護が必要になる時期でもあります。

 

この場合燃え尽き症候群になりやすいのも、中高年のうつ病の特徴かもしれません。

 

それまで順調だった人も、突然親の介護が必要になると肩にのしかかる負担も精神的なストレスも増えていきます。

 

仕事では上司と部下の板挟みになり(私の場合はこれも大きな原因でした)、精神的に大きなストレスを抱えることもあります。

 

バブル経済が崩壊した後は景気も悪く、リストラなどもうつ病の引き金になることが増えています。

 

子供が生きがいだったのに、独立したことで生きがいを失うのもうつ病になる大きな原因となるようです。

 

このように中高年は、うつ病になりやすい原因や理由になるものが多くなる時期です。

 

思うように行かないことも多々ありますが、気分転換に趣味を見つけるなどするのもいいと思います。

 

うつになるリスクが高いとわかっているなら、うつ病にならないよう気持ちを変えることも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

中高年のうつ病の特徴

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。