うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と目の症状の関係

 

うつ病になることで様々な体の不調を感じるようになります。

 

うつ病と目の症状も無関係とは言えません。

 

例えば目の奥の痛みという眼精疲労です。

 

多くの場合は目を酷使することで目が疲れて痛みという症状が出ます。

 

原因はパソコンや読書など目を酷使することが一般的です。

 

ここからさらに首コリや肩こりと広がり、頭痛などを併発することもあります。

 

このように原因がある程度はっきりしていれば、目を休ませコリをほぐすことで症状も改善されていきます。

 

しかしうつ病の場合は、気力も低下していますので休養を取っても回復するまでに時間がかかります。

 

年齢的なことも関係してきますが、うつ病が原因で起こる目の症状はすぐに改善できないことが多いので、焦らず長めに休息を取りましょう。

 

気力が低下している時には、全身の血流障害なども起こしやすくなります。

 

今まで限界まで極度のストレスにさらされてきたので、自律神経のバランスも崩れてしまいます。

 

これにより体が冷えやすくコリやすい状態になるので、まずはゆっくりと体を休めることが大切です。

 

うつ病の治療中でも気分が良い時には、パソコンをやってみたり読書をしようという気になることはあります。

 

ただしまだ体も心も万全の状態ではないので、無理をしてしまうと目の奥の痛みなどを感じやすくなります。

 

何かに取り組みたいと思えることがうつ病克服の第一歩です。

 

無理は禁物です。

 

またうつ病で目の症状が出た時には医者に診てもらうことも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と目の症状の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。