うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と喘息の関係

 

うつ病は治療をすれば克服も可能ですが、克服までには長い時間がかかります。

 

その間うつ病が原因となり、様々な病気を併発することもあります。

 

しかし他の病気だった時、治療に時間がかかりなかなか治らなことが大きなストレスとなりうつ病を併発することもあります。

 

例えば発作をともなう喘息の場合は、治療にも時間がかかりますし一旦症状は治まったように見えてもいつ発作が起きるかわからない不安にさらされます。

 

喘息というのはアレルギーで気道が炎症を起こすものです。

 

普段は落ち着いていても一度発作が起きると呼吸困難になり、息をするのもゼーゼーしてしまい苦しい思いをします。

 

吸入器がないと呼吸困難を起こしやすいので、発作に対する恐怖が強い不安やストレスになります。

 

激しい運動も控えなければいけないし、いつ発作が起きても対処できるように備えておく必要があります。

 

環境なども関係しているので、空気の綺麗なところで生活しながら治療をすれば克服もできます。

 

しかし風邪を引いた時や、寒い思いをした時に突然発作が起きることもあります。

 

治療をしても苦しい思いをすることがストレスになり、「自分はずっとこのままなのか?」と大きな不安を抱えることでうつ病を併発することも多いと言われています。

 

またうつ病になる原因のストレスが喘息の発作の引き金になることもあるので、喘息とうつ病も全く無関係ではないのです。

 

しかしどちらも適切な治療をすることで克服できます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と喘息の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。