うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と発熱の関係

 

うつ病の症状にも個人差はありますが、発熱という症状が出ることもあります。

 

例えば風邪のようにウイルスが体内に入り込んだ時、そのウイルスを熱で退治しようとする体の防衛反応で発熱という症状が出ます。

 

この場合は風邪薬を飲み安静にしていれば、やがてウイルスは排除されるので熱も下がっていきます。

 

しかしうつ病の発熱はウイルスが原因ではないので、何かの病気が原因ではありません。

 

このため解熱剤を飲んでも熱が下がらず、何が原因か悩むこともあります。

 

うつ病の場合は、ストレスや不安などで自律神経のバランスが崩れたことで発熱という症状が出ることもわかっているので、もしもうつ病の人が風邪以外で発熱した場合はうつ病から来る発熱だと判断できます。

 

厳密に言えば自律神経失調症とうつ病は違うものですが、うつ病が引き金となりバランスを崩すことはあります。

 

自律神経失調症からうつ病に発展するケースも多いので、全く無関係とも言えません。

 

もしもうつ病だということもわからないまま、熱の原因もわからず薬を飲んでも症状が改善しない場合は、うつ病を疑うのも一つの選択肢です。

 

どのくらいの頻度で発熱が出るかは個人差もありますが、うつ病が原因ならうつ病の治療を進めていく過程で徐々に症状も治まってきます。

 

ただしこの判断を下すのは医師なので、自分で判断することはできません。

 

何かがおかしいと感じた時には、まず専門医のところに行って診察を受けることも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と発熱の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。