うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と耳鳴りの関係

 

うつ病の人の症状にも個人差はありますが、うつ病患者の多くが耳鳴りという症状を訴えることが多いと言います。

 

うつ病になったのと時期を同じくして、耳鳴りがし始めることが多いので、うつ病が原因で耳鳴りがすると考える人が多いようです。

 

実際にはうつ病が原因となり耳鳴りになるのではありません。

 

ですが、耳鳴りの原因は脳とも大きく関係していることから、うつ病とも無関係とは言えません。

 

耳鳴り、耳閉感、耳詰まりなど症状は色々ありますが、原因そのものは耳の病気や緊張やストレスなど無意識の緊張が原因になっている場合もあります。

 

不安やストレスを感じた時、自然と体にも力が入ってしまうので肩がこることがあります。

 

酷い肩こりの場合、耳鳴りといった症状が出ることもあります。

 

この場合は肩こりをほぐせば耳鳴りも改善されるはずなのですが、うつ病の場合は自分の殻に閉じこもる傾向があるので、外部の情報をシャットアウトしたいと無意識に考えてしまいます。

 

うつ病による耳鳴りの場合は、脳が音を学習してしまうので治療をしてもなかなか治らず長引くのも厄介なところです。

 

キーンという耳鳴り以外にも、耳閉感や耳が詰まったように感じてしまうこともあります。

 

この場合は体のコリ以外にもストレスなど精神的なことも関係しているので、うつ病の治療を進めながら必要な情報を聞き取りやすくするトレーニングをしていきます。

 

思い込んでしまう部分も大きいので、考え方を改善するのも一つの方法です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と耳鳴りの関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。