うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と社会不安障害の関係

 

社会不安障害は、人前に出て何かをすることに対して強い不安から息切れなどの症状が出てしまいます。

 

人前に出るのが恥ずかしいとか緊張すると思う以上に、笑われたらどうしようなどと悪い方に考えてしまいます。

 

自分自身にプレッシャーをかけてしまうので、人前に出ることができなくなり家に引きこもりがちになることもあります。

 

自身を恥じる気持ちが大きすぎ不安になるため、うつ病の引き金になることもあると言われています。

 

個人差はありますが、社会不安障害にはこれといった治療法が確立されていないので克服するのが困難だとも言われています。

 

治療もままならないので、長引くことでうつ病を併発することも多いようです。

 

この逆もあってうつ病の人が社会不安障害を併発するケースもあります。

 

社会不安障害は他にも精神疾患を併発しやすいという特徴があります。

 

社会不安障害の治療法は確立されていないものの、うつ病と同じように薬で不安を抑えたり和らげたりすることと、カウンセリングなどを行いながら不安を感じずに対応できるようにすることはできます。

 

全く治療できないというわけではないので、うつ病と社会不安障害を併発した場合は医者と相談しながらその人にあった治療法を見つけていきます。

 

不安がストレスとなってしまうのはうつ病も同じですので、不安をコントロールするという考え方で治療をしていきます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と社会不安障害の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。