うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と神経症の関係

 

うつ病と神経症の関係についてですが、この場合は抗うつ神経症で考えてみましょう。

 

抗うつ神経症も基本的にはうつ病と同じような症状が出ます。

 

見分け方としてはうつ病の原因はなんとなく思い当たるものですが、抗うつ神経症の場合ははっきりとした原因が分かっているというところです。

 

ストレスの場合は仕事や対人関係になりますが、思い当たる原因も幅広い傾向があります。

 

しかし抗うつ神経症の場合は、家族の死や離婚、リストラや転勤など特定の原因がはっきりしています。

 

症状はうつ病とよく似ていますが、症状のレベルは比較的軽いと言われています。

 

うつ病の場合は脳の神経伝達物質が大きく関係しているので、抗うつ剤など薬物療法も効果が出やすいのですが、抗うつ神経症の場合は原因の多くが脳ではなく環境にあるので、生活習慣や環境を考えることが大切だと言われています。

 

しかし実際にはうつ病でも軽い症状の人もいますし、抗うつ神経症との見分けは困難だとされています。

 

この場合は治療の経過や症状などを見ながら判断していくことになりますが、症状が軽いといってもそれが1年〜2年と長く続くのも特徴なので、治療には時間も必要です。

 

うつ病の治療も全く必要ないとは言い切れませんが、抗うつ神経症の場合はまず環境を改善することが大切です。

 

これを見極めるにはカウンセリングも効果的と言われているので、治療を受けてもあまり効果が感じられない場合は、一度カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と神経症の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。