うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と気分変調症の関係

 

気分変調症というのを知っていますか?

 

あまり聞きなれない症状ですが、気分変調症というのは抑うつ状態が長期間続くという症状です。

 

英語では「Dysthymia(不機嫌)」とも呼ばれますが、症状として見た時、大うつ病とよく似た症状になります。

 

落ち込んではいるもののどっぷりではなく、軽い落ち込みなのですが、その状態が長期間続いたり慢性的になってしまいます。

 

一見するとうつ病の症状にも似ているので、うつ病と診断されることもあります。

 

症状にも個人差はありますが、食欲が増したり低下したり、不眠症、倦怠感、集中力の低下、絶望感といった症状が現れます。

 

これらが毎日続き、最低でも2年は続くのが気分変調症の特徴です。

 

気分変調症の場合も治療の考え方はうつ病と同じです。

 

気分変調症であってもうつ病と同じように、周囲の人や家族が頑張れと励ますのはNGです。

 

うつ病と同じように否定的になってしまうので、味方がいると理解させることも大切だと言われています。

 

ただし薬物療法の場合は、抗うつ剤の効果が出ないことも多いので、この場合は他の薬に切り替えることもあります。

 

薬物療法に関しては医師の判断で決まりますし、服用も医師の指示に従うことが大切です。

 

気分変調症の場合は治療に長い時間がかかりますが、通院で治療ができるので入院することはあまりないようです。

 

通院しながらの治療でもカウンセリングや、家族の支えといった周囲の人のサポートは必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と気分変調症の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。