うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


日本におけるうつ病患者の男女比率

 

うつ病は心の病と言われていますが、実は脳にうつ病のメカニズムが隠されています。

 

気分障害という考え方もありますが、誰もがうつ病になる可能性があることはあまり知られていません。

 

ストレスなどもうつ病の原因になるものですが、ストレス社会と言われることもあって、今後もうつ病患者は増加することが予想できます。

 

日本では約300万人ものうつ病患者がいると言われていますが、実際のところは病院を受診しない人もたくさんいるので、もっと多いと言われています。

 

日本で見る限り、男性と比べて女性の方がうつ病患者の数は多くなっています。

 

うつ病の引き金は色々ですが、妊娠・出産、閉経なども引き金になるため、どうしても女性の方がリスクは高くなってしまうのかもしれません。

 

これは女性ホルモンのバランスも大きく関係しています。

 

例えばうつ病ではない人も、生理前や妊娠・出産、閉経で女性ホルモンのバランスが変わった時、気持ちが沈んだり、些細なことでイライラしてしまうことがあります。

 

ホルモンのバランスは自分の意思ではコントロールできないものです。

 

ちょっとしたことが原因で女性はホルモンバランスを崩しやすいのも、男性と比べて女性の方がうつ病になる比率が高くなっている原因と言えます。

 

私もそうでしたが、まさか自分がうつ病になるとは思わないのが普通だと思います。

 

うつ病であることに気づかないままだと症状も悪化していきます。

 

治療も可能なので早めに適切な対処をすることが大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

日本におけるうつ病患者の男女比率

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。