うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病とアルコール依存症の関係

 

うつ病とアルコール依存症も大きく関係しているといっていいでしょう。

 

元々お酒が好きな人でも、飲み方によっては悪酔いをしてしまいます。

 

楽しいお酒を適量なら問題ありませんが、ストレス発散のためにやけ酒をしてしまう人は注意が必要です。

 

嫌なことがあった時、お酒を飲み酔えば一時的に嫌なことも忘れられます。

 

しかし酔いが覚めればまた現実に引き戻されます。

 

これを受け入れられずにアルコールに頼ってしまうと、今度はお酒を飲まずにはいられなくなるので、どんどん飲む量が増えアルコール依存性になってしまいます。

 

アルコールが入ると酔った状態になりますが、正常な状態ではないので気持ちが大きくなってしまうこともあります。

 

酔った勢いでトラブルを起こしたり、周囲の人ともめたりすることもあります。

 

酔っていたとは言え酔いが覚めてから自己嫌悪に陥り、自分を責めてしまいます。

 

でもお酒はやめられないのでこの悪循環を繰り返し、やがてうつ病になってしまうのです。

 

アルコール依存性とうつ病を併発している場合、うつ病は治療ができますが、アルコール依存性の場合は自分でお酒を断つのはほぼ不可能です。

 

この場合は周囲や家族の助けも必要ですが、専門家のサポートも必要になります。

 

自分がアルコール依存症と自覚している人も少ないのですが、お酒で失敗を繰り返してしまう場合はアルコール依存性の可能性も高くなります。

 

さらにうつ病も併発していることがあるので、検査を受けるのもいいかもしれません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病とアルコール依存症の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。