うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と不眠症の関係

 

うつ病と不眠症は大きく関係しています。

 

まずどちらが先かについては個人差もありますが、何らかの原因で眠れないことがさらにストレスとなりうつ病になることもありますし、うつ病になったことで眠れなくなり不眠症になることもあります。

 

ストレスなどある程度原因がはっきりしている不眠症の場合、実はうつ病を併発していたということもあります。

 

うつ病になると脳の神経伝達物質の分泌が減ってしまいます。

 

セロトニンは睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンを分泌するのに欠かせない成分なのですが、うつ病でセロトニン不足になることで、睡眠ホルモンであるメラトニンも減ってしまうので眠れなくなってしまうのです。

 

仮にウトウトとしてもちょっとした物音などですぐに目が覚めてしまうので熟睡できません。

 

これが続くことで精神的にも疲れてしまいますし、眠れないので体力も気力も低下していきます。

 

うつ病だと分かっていれば不眠症になることもある程度予測できますが、自分がうつ病だと知らない場合は眠れないことで悩み続けてしまうこともあります。

 

不眠症に悩んでいたら、実はうつ病だったということも珍しくないと言われています。

 

うつ病は治療が可能です。

 

時間はかかりますが治療を続ければ克服することもできますし、実際にうつ病を克服した人もたくさんいます。

 

不眠症に悩む場合はうつ病の可能性もあるので、早めに病院に行き検査を受けることも大切です。

 

うつ病の治療というと薬物療法だけのイメージもありますが、セロトニン不足を補うには適度な運動も必要ですので、生活習慣の見直しも必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と不眠症の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。