うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と孤独感の関係

 

うつ病と孤独感の関係について考えてみましょう。

 

孤独感を感じる時というのは、色々なシチュエーションがあります。

 

中には一人が好きだという人もいますが、これを苦痛に思わない場合は孤独感を感じません。

 

例えば子供の頃外で近所の友達と遊ぶ子もいれば、家で一人でお人形遊びや本を読むのが楽しいと思う子もいます。

 

しかし成長するにつれて、学校では集団行動をとらなければいけないので、元々1人が好きな子や1人遊びをしていた子はどうしてもうまくコミュニケーションが取れなくなってしまいます。

 

これは周囲の環境なども関係してきますが、誰とも仲良くできず孤立してしまうと孤独感を感じます。

 

この時、必要な時だけコミュニケーションを取って、うまく渡り合えるなら問題ないのですが、うまくコミュニケーションを取れないことがストレスとなった時、うつ病の原因になることもあります。

 

例えば仲間はずれにされた時、孤独感からうつ病になってしまうこともあります。

 

もちろん孤独感を感じるのはこういう時だけではありませんが、人とうまくコミュニケーションを取れないことも原因になります。

 

そこからさらに自分は必要ない人間だとか、誰からも必要とされていないなどと思ってしまうことでより孤独感が増してしまいます。

 

うつ病の場合は一人ではないと思えるように周りの人が支えることも大切です。

 

このためにも家族や周囲の人の支えはとても重要です。

 

うつ病と孤独感は大きく関係しているのです。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と孤独感の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。