うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と歯痛の関係

 

歯が痛い時には虫歯や知覚過敏を疑いますが、歯痛で歯医者さんに行っても虫歯ではなくどこにも異常が見つからないことがあります。

 

検査をしてもどこにも異常が見つからず原因不明の場合は、うつ病が原因かもしれません。

 

歯科の検査で異常がどこにも見つからない場合は、うつ病から来る歯痛を疑ってみるのも一つの選択肢です。

 

仮に疑わしいところがあってその歯を治療しても、原因がうつ病から来る歯痛の場合は痛みは改善されません。

 

うつ病は気分障害とも言われるように、脳の神経伝達物質が原因であることが分かっています。

 

実際にうつ病患者の多くは、体に異常がないのに痛みとなって症状が出ることがあります。

 

頭痛、首痛、胃痛など人によってどこに痛みが出るかも様々ですが、これが歯痛という症状で現れることもあります。

 

この場合は歯痛という症状があっても、歯科では治療できません。

 

うつ病が原因の歯痛は、鎮痛剤を飲んでも痛みが消えないことが多いと言われています。

 

うつ病が原因となっている場合には、うつ病を治療することで歯痛も改善されていきますので、原因不明の歯痛が続く場合はうつ病の可能性も否定できません。

 

しかし歯痛からうつ病を疑うというのは難しいことなので、他の症状などもチェックしておくといいですね。

 

うつ病の場合は歯痛以外にも必ず他の症状が現れるので、そこに注目してみましょう。

 

ただし本当に虫歯になっているケースもあるので、その場合は虫歯の治療も大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と歯痛の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。