うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と糖尿病の関係

 

うつ病と糖尿病は無関係とは言えません。

 

どちらが先かというのは個人差も大きいのですが、うつ病と糖尿病は併発しやすい傾向があるようです。

 

糖尿病の場合は食事制限が必要になるので、今まで好き放題食べていた人にとってはきつい食事制限がかなりのストレスになります。

 

さらに糖尿病の治療は長く続くので、長期間の食事制限で食べたいものが食べられないということが大きなストレスになり、うつ病を併発すると言われています。

 

元々うつ病の人の場合は、外出することが減り家にこもりがちになります。

 

また、うつ病だと食欲が低下する傾向があります。

 

うつ病の間は自分自身をコントロールするのが難しいので不規則な生活を送りがちです。

 

治療を進めていけば徐々に効果が現れるので通常の生活に戻れますが、その間糖尿病を併発しやすいと言われています。

 

これは甘いものを欲することも関係していますが、うつ病と糖尿病を併発していることに気づくことが少ないので見落としやすいと言われています。

 

うつ病も糖尿病も治療は可能ですが、併発することで症状が深刻化することがあります。

 

うつ病と糖尿病になると死亡率も高まると言われています。

 

また、うつ病と糖尿病の治療を同時に進めていかなくてはいけないので治療費もかさみます。

 

経済的なことも関係してくるので、これがストレスになり症状を悪化させることもあります。

 

このため親族に糖尿病の人がいる場合は、念のためうつ病と糖尿病の両方を検査しておくといいかもしれません。

 

どちらも適切な治療をすれば克服可能です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と糖尿病の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。