うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と血糖値の関係

 

うつ病と血糖値の関係についても注目されています。

 

中でも低血糖になるとうつ病によく似た症状が出ることがあります。

 

低血糖はガス欠の状態と同じなので、疲れやすくなってしまいます。

 

また朝起きるのが辛いといった症状も低血糖が原因なのですが、他にもうつ病とよく似た症状が出るのでうつ病だと勘違いしてしまうことがあります。

 

ガス欠の状態なので力が湧いてこないため気力も低下します。

 

朝は起きられないのですが、時間が経つと少しずつ元気になるので、これもうつ病特有の症状とよく似ています。

 

血糖値が下がるとアドレナリンを分泌しますので、これがイライラの原因になります。

 

また寝ている間にも低血糖を解消しようとアドレナリンが分泌されてしまうので、異常な寝汗をかいたり眠りが浅くなることもあります。

 

血圧が低い状態なので、めまいなども起こります。

 

脳にも十分に栄養が行き届かなくなるので、記憶力や集中力も低下してしまいます。

 

血糖値が下がった時には本能的に甘いものが欲しくなります。

 

これらの症状がうつ病とよく似ているので、うつ病と診断されることもあります。

 

しかし抗うつ剤を飲んでも効果がないので、他の方法で改善するしかありません。

 

低血糖の場合は、食事が原因になっていることが多いので、まずは食事の見直しから始めて行きます。

 

この場合は自己解決できる部分もありますが、カフェインの摂り過ぎやタバコなども原因になるので専門外来に行くのが一番です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と血糖値の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。