うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


日本におけるうつ病の増加率

 

日本におけるうつ病の患者数は年々増加していると言われています。

 

厚生労働省の発表によると現在国内では約320万人の人がうつ病になっていると言われています。

 

また、躁うつ病と診断された人は約1000万人ほどいるようで、10年前と比べると約2倍以上に増えているようです。

 

こうして考えてみると、まさか自分がうつ病になるなんて考えたこともありませんでしたが、生活が便利になるその一方で暮らしにくい世の中になりつつあるように感じることもあります。

 

ストレス社会という言葉もあるように、今後もストレスの原因になることが増えていきそうなので、日本でのうつ病の増加率もさらに増加するように思えてしまいます。

 

うつ病は脳の病気であり気分障害の一種とも言われていますが、誰にでもうつ病になる可能性がある以上今後も増えていくことは予想できます。

 

アメリカでもうつ病患者数が多いと聞いたことがありますが、日本と比べて数は増えておらず横ばい状態なんだとか。

 

増えていないけど減っていないのも皮肉な話ですね。

 

ただし国の大きさも人口も桁違いなので、患者総数は圧倒的にアメリカの方が多くなります。

 

日本ではうつ病患者というと特殊な病気とか、偏見を持たれてしまうことも多いのですが、アメリカはうつ病に関してオープンというか理解している人が多いので日本ほど偏見はないようです。

 

例えるなら1人1台の携帯電話のように、1人に1人のセラピストがいるのが当たり前なんだそうです。

 

日本ではセラピーを受けるというのも抵抗を感じることが多いですが、こういうところもお国柄の違いというか文化の違いが良く現れていますね。

 

セラピストにセラピーを受けるのは恥ずかしくないことなんだと、日本でもそういう認識が広まるといいですね。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

日本におけるうつ病の増加率

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。