うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病とホルモンの関係

 

うつ病はホルモンバランスが関係しているといってもいいでしょう。

 

ホルモンにも色々種類はありますがうつ病と関係しているのは、女性ホルモン、男性ホルモン、成長ホルモン、甲状腺ホルモンです。

 

ホルモンバランスというのは自分ではコントロールできないものです。

 

ストレスを感じただけでもホルモンバランスは乱れてしまいますし、これが血行不良等の原因になり冷え性や肩こり、頭痛などを引き起こすこともあります。

 

うつ病は脳の伝達物質が関係していることが分かってきていますが、ストレスは脳の伝達物質にも影響を与えます。

 

自律神経も乱れるので、睡眠不足になれば成長ホルモンの分泌も低下しますし、甲状腺ホルモンのバランスを崩し、これが憂鬱な気分の原因になると言われています。

 

ホルモンバランスが変化している場合は、自力ではコントロールできないので、まずストレスの原因を排除することが先決です。

 

ホルモン剤などで治るものではありませんし、副作用も強いので自然に治す努力も必要です。

 

サプリメントや食事、生活習慣の改善も効果はありますが、まずストレスを遠ざけることが一番です。

 

女性の場合は、女性ホルモンが一気に低下してしまう更年期障害からうつ病を発症することもありますが、これもホルモンバランスが安定すれば徐々に回復していきます。

 

このようにうつ病はホルモンバランスとも大きく関係しているので、治療にも症状によって効果のある薬は変わってきます。

 

医師とよく相談して決めていきましょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病とホルモンの関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。