うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と栄養障害(栄養失調)の関係

 

うつ病と栄養障害(栄養失調)の関係も無関係ではありません。

 

うつ病は心の病と思われていますが、実は根本的な要因は脳の伝達物質にあることが分かってきています。

 

もちろん、うつ病の原因となるのは過度のストレスといったようにある程度はっきりしていますが、これにより脳の伝達物質がスムーズに機能しなくなることでうつ病になってしまうのです。

 

しかし栄養失調もうつ病の原因になると言われています。

 

例えば過度のダイエットもその原因になりえます。

 

ダイエットする場合は食事制限をして運動も取り入れます。

 

しかし多くの人が運動をせず食事を減らすことで痩せようとしてしまいます。

 

ダイエットには適度な栄養も必要なのに、これを一気に減らしてしまうことで脳も栄養失調の状態になります。

 

食べたいものを我慢して制限することで、知らない間にストレスを感じています。

 

ダイエットは摂取カロリーを減らすことも大切ですが、これは暴飲暴食をしているような人の場合です。

 

適度に食事をしている人は無理に栄養を減らさず、運動を取り入れましょう。

 

こうすればカロリーも効率よく消費されるので、無理に食事を制限しなくても太ることはありませんし、適度に栄養を摂っていれば脳も栄養失調になることはありません。

 

大切なのはバランスです。

 

栄養バランスを考えた食事を食べ、毎日無理なく続けられるウォーキングなどの軽い有酸素運動を取り入れましょう。

 

こうすることで栄養障害もそこから来るうつ病も予防ができます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と栄養障害(栄養失調)の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。