うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と更年期障害の関係

 

更年期障害の症状にも色々ありますが、閉経を迎えることで卵巣の機能が低下します。

 

卵巣からは女性ホルモンが分泌されていますが、卵巣の機能が低下することでホルモンバランスが大きく変化します。

 

個人差もありますが、50歳前後に閉経を迎えることが多いことからこの時期が更年期にあたります。

 

ホルモンバランスの変化ばかりは自分ではコントロールできないため、様々な気分障害や体の症状となって現れてきます。

 

体の中の変化だけでなく老け込むとか、体がいうことを聞かなくなるなど心と体のバランスも崩れてくるので、これが大きなストレスとなりうつ病を併発することも多いと言われています。

 

更年期にうつ病になったとしても、それがうつ病ではなく更年期障害の症状だと思い込んでしまう人も多いと言います。

 

更年期障害は、女性ならば誰もが経験することです。

 

女性ホルモンの低下が原因になるとある程度わかっているので、更年期を迎える前からサプリメントなどで女性ホルモンによく似た大豆イソフラボンを取り入れるなど予防も可能です。

 

更年期は誰にでも訪れますが、症状を緩和させることはできます。

 

他にも病院に行って相談をすれば薬を処方してもらえますし、食事や生活習慣の見直しをすることで更年期障害の症状を緩和できればストレスも軽減されるので、更年期障害から来るうつ病の予防にもつながります。

 

40歳を過ぎたら更年期障害の予防を始めるといいかもしれませんね。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と更年期障害の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。