うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と発達障害の関係

 

うつ病と発達障害の関係についても注目されています。

 

うつ病と発達障害は一見すると症状なども似ているところがあるので、うつ病なのに発達障害と診断されたり、その逆で発達障害をうつ病と診断するケースも多いようです。

 

確かに症状もよく似ているのですが、唯一の違いは発達障害が先天性であるのに対し、うつ病は後天性というところです。

 

うつ病と発達障害は、症状が似ています。

 

人とのコミュニケーションがうまく取れない、頑張りすぎてしまうなど共通するところはありますが、うつ病の場合はこういうところが原因となり過度のストレスがうつ病を引き起こします。

 

しかし発達障害の場合は生まれつきのものです。

 

発達障害はアスペルガー症候群や、自閉症の一種と考えられているように、うつ病の治療をしても効果はあまり期待できません。

 

一見似ている2つの症状ですが、周囲の人の接し方は違ってきます。

 

うつ病の場合は共感することが大切だと言われていますが、発達障害の場合は共感が逆効果になるので注意が必要です。

 

時間はかかりますが、うつ病は治療をすれば克服できます。

 

しかし発達障害は脳の構造が人とは違うので、その点をを理解することが大切だと言われています。

 

発達障害は完治という見方はせずに、家族や周囲のサポートが必要です。

 

うつ病は時間がかかりますが、治療を続けていけば克服できます。

 

うつ病と発達障害はなかなか理解されない部分も多いのですが、周囲の人の理解も必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と発達障害の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。