うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と摂食障害の関係

 

うつ病と摂食障害の関係も無関係とは言えないと言われています。

 

個人差も大きいのですが、先にうつ病になり摂食障害を併発する人もいれば、先に摂食障害になりうつ病を併発する人もいます。

 

うつ病は心の病と言われていますが、実は根本的な原因は脳にあることが分かってきています。

 

気分障害の一種がうつ病と言われるように、うつ病になったことで食欲が低下するのは珍しいことではありません。

 

うつ病の治療には抗うつ剤が使われますが、実は抗うつ剤は過食を抑える作用があるため、先にうつ病になり薬の影響で徐々に摂食障害になってしまうというケースもあります。

 

うつ病になる原因は様々ですが、常に過度のストレスにさらされていることもあって、心の体のバランスが崩れてしまいます。

 

この場合は自分で感情をコントロールできないので、放置しておけばさらに悪化します。

 

うつ病は治療をすれば回復していきますし、うつ病が回復すれば自然と摂食障害もなくなっていきます。

 

最初は食欲も気力も目に見えて低下していきますが、食べられる時に食べ、無理をせず治療を進めながらゆっくり自分のペースで克服していくことが大切です。

 

このためにはやはり家族や周囲の人の協力やサポートも欠かせません。

 

うつ病と摂食障害はとても大きく関係しているので、両方を併発しても焦らずゆっくり治すよう心がけましょう。

 

治療にも時間が掛かりますので、根気も必要です。

 

医師にも相談しながらゆっくり時間をかけて治療をすることも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と摂食障害の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。