うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と単身赴任の関係

 

うつ病の原因の中に単身赴任もあります。

 

仕事上の転勤は仕方ないことですが、子供の学校の問題などもあって家族が一緒に引越しができないケースもあります。

 

家族の形というのは各家庭によって違いますし、単身赴任する人の性格などでも変わってきます。

 

単身赴任になっても週末の休みを利用して、夫が帰宅することもできますし、家族で単身赴任先に遊びに行くこともできます。

 

しかし赴任先が遠い場合は、交通費もかかりますしそう簡単に行き来ができないこともあります。

 

今まで家族が常に一緒に暮らしていたような人の場合は、一家団欒もなくなりますし寂しさから強い孤立感を感じうつ病になってしまうこともあるようです。

 

単身赴任の場合も責任感が強いとか、人一倍頑張ってしまう人がうつ病にかかりやすいと言われています。

 

家族のために頑張っているのに、自分だけ遠く離れたところに住み、家に帰っても寂しさだけが募るという場合は、これが大きなストレスにつながります。

 

難しい部分もあると思いますが、料理を楽しみ趣味にするとか、離れていてもテレビ電話などで家族と話をすることはできます。

 

また、赴任先の人たちとのコミュニケーションも大切です。

 

できるだけストレスをためないように心がけ、単身赴任を楽しめるような環境作りも必要になってきます。

 

これには家族の協力も必要なので、できるだけストレスをためずに済むように注意すればうつ病の予防につながります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と単身赴任の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。