うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と留学後の関係

 

うつ病の原因が思わぬところに隠れていることもあります。

 

うつ病と留学後の関係がこれに当てはまります。

 

留学をする場合は目標があります。

 

短期留学〜長期留学まで色々ですが、少なくとも数ヶ月の間日本で慣れ親しんだ環境とは、文化も習慣も全く違う場所で暮らすことになります。

 

最初はホームシックになることもありますが、目標があると少しずつ環境に慣れ順応していきます。

 

留学期間にもよりますが、目標を達成して帰国するのは誇らしことのはずが、燃え尽き症候群のように感じてしまうとうつ病の原因になることもあるようです。

 

しかし留学から帰国したことがうつ病の原因になるというのはほとんど知られていないので、環境の変化に慣れていないとか生活が変わったからと思い込んでしまうこともあるようです。

 

でも明らかに無気力や体のだるさ、頭痛やめまいなどといった原因不明の症状が現れる場合は、もしかしたら帰国後のうつ病の可能性もあります。

 

留学という大きな目標を達成したので喜ぶことなのですが、目標を失ったことで精神的なバランスを崩してしまうのです。

 

しかし中には留学があまりうまくいかず、やむを得ず途中帰国してしまうこともあります。

 

この場合はダメな自分というように、自分がダメなのだという罪悪感からうつ病になることもあります。

 

うつ病の場合は治療もできますし、原因がある程度わかっていれば克服への近道にもなります。

 

留学から帰国後に何かおかしいと感じたら、病院に行って診てもらうのもいいでしょう。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と留学後の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。