うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と産後・流産後の関係

 

うつ病の原因にもいくつかありますが、大きな喪失感や不安も原因になりえます。

 

このことからうつ病と産後・流産後の関係も注目されています。

 

産後にうつ病にかかる人もいれば、妊娠中のマタニティブルーがそのまま長引き産後のうつ病の引き金になることもあるそうです。

 

特に妊娠や出産の時には、ホルモンバランスが大きく変化します。

 

ホルモンバランスの変化が原因で起こる症状は、ホルモンの成せる技なので自分ではコントロールできません。

 

自分に親が務まるのだろうか?

 

無事に生まれてきてくれるだろううか?

 

このように妊娠中には不安になることもたくさんあります。

 

自分でも気づかないうちに自分を追い込み、ストレスをかけてしまうこともあります。

 

無事に元気な赤ちゃんを出産し母子ともに健康なのに、期待していた男の子ではなかったことで周りが失望することもあります。

 

これもうつ病の原因になると言われています。

 

本来は幸せの絶頂であるはずなのに周囲の期待に応えることができなかったと自分を責めてしまうのです。

 

無事に生まれても病気や障害を持った子だった時にも、同じようなことが原因でうつ病になることもあります。

 

流産の場合はとても悲しいことですが、この場合も周囲の期待に応えられなかった自分を責めてしまいがちですし、喪失感も大きいのでうつ病になりやすいと言われています。

 

妊娠〜出産までとしばらくの間は、ホルモンバランスが不安定なのでうつ病になりやすい時期と考えることもできます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と産後・流産後の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。