うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病の平均寿命と平均発症年齢

 

うつ病の平均寿命と平均発症年齢について確認してみました。

 

うつ病の人は早死すると聞いたことがあったので、自分がうつ病だとわかった時、自分も早死する運命なのかとどこかで思った記憶があります。

 

でもうつ病だから必ず早死するということではなさそうです。

 

うつ病も私のように比較的軽い症状もありますので、この場合は早い段階で適切な環境を作ることで治療は可能ですし克服することもできます。

 

もちろんこれには周囲の人の助けも必要です。

 

でも長期間うつ病を患ってる人や、パニック障害からうつ病を併発するような場合は、それが原因で死ぬというよりも自殺をしてしまうため、本来の寿命より早く死んでしまうことがあります。

 

そのため、うつ病は早死するということになっているようです。

 

これも個人差がありますので、必ずそうなるというわけではありません。

 

ただ自殺願望を持ちやすいのは確かなようなので、注意が必要ですね。

 

うつ病の平均発症年齢についても個人差が大きいので、はっきりとは言えませんが若干中高年の女性に多いとも言われています。

 

この場合は女性の更年期にあたるので、更年期障害もうつ病と大きく関係していると言われるからです。

 

私はまだ閉経を迎える年齢ではないですが、中年女性という項目にはには当てはまるので、なんとなく自分でも納得してしまうところがあります。

 

10代でうつ病になる人もいれば、高齢者のうつ病もあるので、うつ病になる年齢はあまり関係ないように思います。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病の平均寿命と平均発症年齢

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。