うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と思春期の関係

 

うつ病の原因にもいくつかありますが、うつ病になる時期も人によって違います。

 

個人差はありますが、多感だと言われる思春期にうつ病になる人も多いようです。

 

思春期というのは子供から大人になる過程で、最も急激に成長していく時期です。

 

この時期はホルモンバランスも大きく変化しますので、自分自身をコントロールできなくなってしまうこともあります。

 

しかし思春期は永遠に続くわけではないので、思春期の多感なことが原因でうつ病になっても一時的であることも多いと言われています。

 

その一方で長引いたり、大人になってからうつ病を再発するケースもあると言われています。

 

うつ病にかかりやすい人の性格の特徴もありますが、思春期に訪れる様々な変化を受け入れやすいよう親が支えてあげることも必要です。

 

思春期にうつ病になるといってもその後の経過も様々ですが、中には不登校になり引きこもってしまう人もいます。

 

それが長引けば社会人になってもいい年齢なのに、うつ病を克服できずどんどん社会から遠ざかってしまうようになります。

 

中には自分が悪いと責め自殺をしてしまうこともあります。

 

思春期のうつ病も治療をすれば克服できますが、多感な時期であるだけに専門家に相談して決めることも大切です。

 

うつ病と気づけばいいのですが、気づかず放置してしまうとその後も長引くというのが思春期のうつ病の特徴です。

 

また、思春期のうつ病の特徴として、イライラしやすいというのもあるのでサインになります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と思春期の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。