うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病といじめの関係

 

うつ病といじめの関係も注目されています。

 

うつ病といじめの関係も無関係とは言えません。

 

いじめにも様々なものがありますが、いじめが原因でうつ病になるケースも増えていると言われています。

 

例えば学校でいじめにあったことでうつ病になった人が、学校を卒業して何年も経っているのに後遺症のようなものとして残ることもあると言われています。

 

うつ病に関してはまだ解明されていない部分も多いのですが、脳内物質が関係していることもわかっています。

 

学校のいじめということが原因でうつ病になった場合、休学や転校をすることでストレスの原因を遠ざけることができます。

 

しかしこの時の心の傷が余りにも大きいと、大人になってからもそれが再発することがあります。

 

子供の場合は純粋な部分もあるので、いじめられたのは自分に原因があると自分を責め自ら命を絶ってしまうケースもあります。

 

いじめた方が悪いのは明らかなのに、そう思えないのもうつ病の厄介なところです。

 

もちろん周囲の環境や人間関係などもあるので、いじめられてもそれを他で発散できる場合はうつ病になることは少ないようです。

 

一度は克服しても、これが原因で人間不信になってしまうこともあります。

 

子供の場合は特に親の支えが必要です。

 

いじめられている子はそれを人に話したがりません。

 

トラウマになってしまうと、大人になってから再発することもあるので親子同士のコミュニケーションも大切です。

 

いじめに会いうつ病になった人の体験記なども参考になります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病といじめの関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。