うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


うつ病と仕事・長時間労働の関係

 

うつ病は仕事とも大きな関係がある場合もあります。

 

特に多いのは長時間労働です。

 

残業代やより多くの収入を求めて、長時間労働することもありますが、人には限界というものがあります。

 

自ら進んで長時間労働をする場合でも、それが数ヶ月・数年と続けば次第に身も心も参ってしまいます。

 

もしもこれが強制的な場合は尚更ストレスとなるので、うつ病になる人も多いと言われています。

 

シチュエーションは色々ですが、定時で帰る人もいる中、会社に残っているのが自分1人だけで夜中近くまで働くというのは肉体的にも疲れます。

 

やっと仕事が終わり家に帰っても、身も心も疲れ果てているので、家に帰っても倒れこむように寝るだけになってしまいます。

 

翌朝起きまた会社に行き、長時間労働をするということを繰り返していけば、精神も病んでくるのは当然といっていいでしょう。

 

しかし長時間労働で高収入を得られるような場合は、つい無理をして頑張ってしまいます。

 

自分で納得しているつもりでも、自分の知らない間に限界を超えてしまえばこれがきっかけでうつ病になってしまうこともあります。

 

ある研究では、地位や役職や報酬に関係なく、長時間労働を続けているとうつ病のリスクが高まることもわかってきているそうです。

 

長時間労働はうつ病の発生率を高くするとも言われています。

 

うつ病になった場合でも克服することは可能ですが、この場合は仕事を休養することも必要なので自分の限界を知ることも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

うつ病と仕事・長時間労働の関係

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。