うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


難治性うつ病

 

うつ病にはいくつかの種類があります。

 

難治性うつ病はその一種ですが、克服するまでにかかる時間は個人差がかなり大きくなってしまいます。

 

ある程度治療を続けても改善されないとか、効果が見られないような場合に治療が長引くと予想できます。

 

この長引くうつ病のことを難治性うつ病と言います。

 

うつ病はストレスも大きく関係していますので、治療に専念出来る環境を作ることも克服への近道と言えます。

 

例えば仕事がらみのストレスの場合には、ストレスから遠ざかるために仕事を休み治療に専念することが大切です。

 

しかしやむを得ない事情で仕事を休めないので、仕方なく働きながら通院する場合もあります。

 

治療をしてもうつ病の原因となったストレスを完全に遠ざけられない場合は、なかなか治療の効果が現れにくいので長引き難治性うつ病になってしまうこともあります。

 

つまり最初から難治性うつ病になるのではなく、うつ病と診断されてから治療を始めてなかなか効果が得られない場合を難治性うつ病としているということですね。

 

私の場合は比較的軽いうつ病でしたが、すぐに仕事を休み休養できたので意外と早く克服できました。

 

原因は仕事がらみのストレスだったのですが、あのまま仕事を続けていたら、もしかしたら難治性うつ病になっていたかもしれません。

 

うつ病の治療をする場合には環境も大切です。

 

生活していかなければいけないので簡単に仕事を休めない場合もありますが、酷くなる前に診断書をもらい相談することをおすすめします。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

難治性うつ病

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。