うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


擬態うつ病

 

うつ病にもいくつか種類がありますが、その中に擬態うつ病というのがあります。

 

しかし擬態うつ病の場合は、名前からもなんとなく想像できるように、実際にはうつ病ではありません。

 

実際にうつ病のような症状が出るものの、一時的なので医者が診ればすぐに擬態うつ病と気づくと言われています。

 

例えば本当のうつ病の人は、自分がうつ病であるということをなかなか受け入れられません。

 

人に自分がうつ病と知られるのを恐れる傾向がありますし、絶対に自分からうつ病だということを言いたがりません。

 

完璧主義者が多いので、うつ病と認めることが容易ではありません。

 

しかし擬態うつ病の場合は、うつ病のセルフチェックなどを試し、多くの項目が当てはまった時に自分がうつ病だと思い込むので、それを心配して欲しくて周囲の人にアピールすることもあります。

 

ここが見分けるポイントと言っていいかもしれません。

 

単なる思い込みなので、仮に抗うつ剤を飲んだとしても効果はありません。

 

強いストレスを感じている時や、落ち込んでいる時にうつ病のセルフチェックをすると確かに多くの項目に当てはまることもあります。

 

しかしこれはあくまでも目安に過ぎません。

 

正確な診断は医師が行いますので、セルフチェックの項目がほとんど当てはまっても勝手に自分がうつ病だと思わないことも大切です。

 

正確には擬態うつ病はうつ病ではありませんが、思い込みがそうさせてしまうので注意が必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

擬態うつ病

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。