うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


仮面うつ病

 

仮面うつ病は、隠れうつ病と呼ばれることもあります。

 

症状としては比較的軽いのですが、これといった原因がはっきりしないため、なかなか気づかないのも特徴だと言われています。

 

なんとなく胸が苦しいが特に異常はない、何を食べても美味しく感じられない、なかなか寝付けず夜中に何度も目が覚めるなど原因がはっきりしないのも症状です。

 

検査をしてもどこにも異常が見つからず、うつ病であるとは気づきにくことから仮面うつ病と呼ばれるようになったとも言われています。

 

原因不明の頭痛や火照り、発汗、めまい、頻尿など症状も人によって様々です。

 

一見すると自律神経失調と間違うことも多く、治療法を間違えてしまい症状が悪化することも多いと言われています。

 

仮面うつ病の場合は、精神的症状よりも身体的な症状が強く現れるのも特徴と言えます。

 

これを見極めるのも難しい部分がありますが、仮面うつ病もうつ病には違いないので頑張ってしまうことは逆効果です。

 

身体的特徴が強く現れて検査をしても特に異常がない場合は、仮面うつ病を疑ってみるのもいいでしょう。

 

専門医やカウンセリングを受けるのも効果的と言われていますので、納得できるまで原因を確かめることも大切です。

 

仮面うつ病という名前の通り気づきにくいので、決めつけもよくありません。

 

仮面うつ病もきちんと治療を続ければ時間はかかっても克服することは可能です。

 

治療には周囲の人の支えも必要なので、家族や友人の支えと理解も大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

仮面うつ病

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。