うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


喪失うつ病

 

喪失うつ病は、名前が表すように喪失感が大きく関係していると言われています。

 

人には個人差もありますが、適応能力というものがあります。

 

しかし余りにも大きな変化の場合は、その状況を受け入れることができずに大きな喪失感となってしまうこともあります。

 

例えばリストラや急な転勤での生活環境の変化なども大きな喪失感となりやすいものです。

 

これにより精神的に落ち込んだり、傷ついた時に喪失うつ病となってしまう傾向があると言われています。

 

人によっては幸せなはずの結婚を期に生活環境が大きく変わってしまうことで、喪失うつ病になる人もいると言われています。

 

このような変化は誰にでも起こりうることですが、喪失うつ病になってしまう人は大きな変化に過敏に反応してしまいやすいとも言えます。

 

その一方で周囲の期待に応えられなかった時や、プレッシャーも喪失うつ病の原因になることもあります。

 

人によって何が喪失うつ病の原因になるかは様々ですが、できるだけ喪失体験を避けることも大切です。

 

また喪失感をどのように受け入れていくかも重要です。

 

この場合にはカウンセリングも効果があると言われています。

 

カウンセラーに話をし、それを受け入れることで気持ちが楽になることもあるので、人に話すことも大切です。

 

悩みやストレスを抱え込んでしまうのもよくありません。

 

カウンセラーとの話も受け入れることが大切です。

 

加齢も喪失感の原因になることから、高齢になってから喪失うつ病になる人も多いと言われています。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

喪失うつ病

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。