うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


メランコリー型うつ病

 

メランコリー型うつ病は、頑張りすぎてしまう人がなりやすいうつ病とも言われています。

 

生真面目、仕事熱心、強い責任感を持っている、問題を1人で抱え込む、自分がうつ病であることをなかなか受け入れようとしないなど特徴もあります。

 

メランコリー型うつ病になるのは、頑固なタイプと言われることもあるように、うまく手を抜くことができない人も注意が必要です。

 

多少のストレスは誰に出もあることですが、メランコリー型うつ病になりやすい人は、ストレスを限界まで抱え込みその反動で一気にメランコリー型うつ病になるとも言われています。

 

うつ病とわかった後もなかなかそれを受け入れようとしないところがあり、こうなったのも自分のせいだと自分を責め続けてしまいます。

 

メランコリー型うつ病の症状としては、一般的なうつ病とほぼ同じで、食欲低下や不眠症になりやすいので体力も低下していきます。

 

自分を責めてしまうのもメランコリー型うつ病を悪化させることになるので、これを改善することも大切です。

 

どちらかというと、「一般的なうつ病=メランコリー型うつ病」といってもいいかもしれません。

 

特徴もわかりやすいので、しっかりと治療をすれば克服することも可能です。

 

ストレスになることから遠ざかるのもうつ病の治療には欠かせません。

 

うつ病の間はいいことがあっても、素直に喜ぶことができませんが、根気強く治療を続けていけば時間はかかっても必ず克服できますので、周囲の人の支えも必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

メランコリー型うつ病

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。