うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


反応性うつ病

 

反応性うつ病の特徴としては、仕事や人間関係といったようにストレスの原因がはっきりしているところです。

 

一般的にうつ病の治療をするには、ストレスの原因を排除しそこから遠ざかることが重要だと言われています。

 

反応性うつ病の場合は、ストレスの原因がはっきりしているので、見極めやすい特徴もあります。

 

しかしストレスの原因ははっきりしているのに、他にもいくつかの原因が複雑に絡み合っているのも特徴と言えます。

 

一つのストレスから遠ざかっても他に複雑に絡み合った原因があるため、すぐに回復しないのも厄介なところです。

 

一般的にはストレスの原因が仕事の場合は、一旦仕事から離れ休養を取ることで徐々に回復していきます。

 

しかし反応性うつ病の場合は、仕事を休み休養してもそう簡単には回復しないと言われています。

 

ストレスの原因が仕事というところは同じでも、より詳しく原因を突き止めることも治療への第一歩になります。

 

反応性うつ病の場合は、カウンセリングを受けるのも効果的と言われています。

 

カウンセリングを受けるのも勇気が必要ですが、何がストレスになっているのかを的確に見極めるにもカウンセリングが重要なので、早めにカウンセリングを受けておきたいところですね。

 

原因さえはっきりすれば、治療法もわかります。

 

時間がかかるのは仕方ありませんが、治療法がわかれば克服できるので、まずは原因をしっかりと確認することが大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

反応性うつ病

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。