うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


老人性うつ病

 

老人性うつ病というのもうつ病の一種です。

 

名前からも想像できるように、高齢者の人がかかるうつ病のことです。

 

高齢者になると老化現象も目立ってきますし、体も言うことを効かなくなるので無気力や気持ちが落ち込んでも年のせいだと思い込みやすくなります。

 

うつ病なのにそれを年齢のせいにしてしまいがちなので、見過ごされやすいのも老人性うつ病の特徴と言っていいでしょう。

 

一般的なうつ病と比較すると、いくつかに絞られるので原因がわかりやすいのも特徴です。

 

バリバリ仕事をしていた人が退職したことで生きがいを失う、配偶者を亡くすなどが主な原因だと言われています。

 

高齢者であることからうつ病の症状を認知症と勘違いしやすいとも言われています。

 

仮に症状に気づいても、これは老化現象だと思い込んだり、認知症だと決めつけられてしまうことも多いと言われています。

 

うつ病は適切な治療をすれば克服出来る病気です。

 

老人性うつ病も適切な診断をして、しっかりと治療をすれば克服できます。

 

ただし年齢的にうつ病になると思う人が少ないため、他の病気と決めつけられてしまいがちです。

 

自分自身もそのように思い込みやすいので、少しでもおかしいと感じたり違和感を覚えたら、老人性うつ病を疑ってみるという選択肢もあることを知ってほしいと思います。

 

うつ病はなかなか自覚しにくいので、専門医のところに行くことも大切です。

 

老人性うつ病でも家族や周囲の人の支えは必要ですので理解も大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

老人性うつ病

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。