うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


冬季うつ病(季節性情動障害)

 

うつ病の種類に、冬季うつ病(季節性情動障害)というのもあります。

 

季節の変わり目は健康な人でも、無理が続けば体調を崩してしまうこともあります。

 

冬季うつ病(季節性情動障害)は、その名の通り秋から冬にかけて気持ちが落ち込むという特徴があります。

 

それまでは単なる季節の変わり目の体調不良と思われていましたが、1980年になって初めて冬季うつ病(季節性情動障害)と言われるようになりました。

 

冬季うつ病(季節性情動障害)としては他にも過眠や過食といった症状が出ることもあります。

 

季節的なことが原因となっているので、春になるにつれて症状は徐々に回復していきますが、秋から冬にかけて特に食欲が増し甘いものを好む傾向もあるので、冬にかなり太ってしまう人もいます。

 

冬季うつ病(季節性情動障害)は女性に多いとも言われていますが、冬の間の日照不足も原因になるとも言われています。

 

夜長いのでやることがなく、ただただ落ち込むこともあります。

 

また最初は冬季うつ病(季節性情動障害)だけで、春になると回復していたのに繰り返すことで慢性化し、春になっても症状が回復せず続いてしまうこともあると言われています。

 

冬の間は特に意識して日光浴をする、億劫に感じても軽い運動やストレッチでできるだけ体を動かすなどをしましょう。

 

必ず春はやってくるので気持ちを切り替えることも大切だと言われています。

 

冬季うつ病(季節性情動障害)の場合は、比較的原因も治療方法もはっきりしてますので、適切な対処をすれば早い段階で克服出来ると言われています。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

冬季うつ病(季節性情動障害)

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。