うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


パニック性不安うつ病

 

パニック性不安うつ病というのも、うつ病の一種です。

 

一見するとパニック障害と似ているようなイメージですが、パニックを起こすものとは少し違います。

 

症状の特徴はうつ病特有の無気力です。

 

状態には個人差もありますが、1日のうちで気分や精神状態もかなり変わるのが特徴といっていいでしょう。

 

軽いパニック性不安うつ病の場合は、無気力状態です。

 

軽いうちは単なるうつ病だと軽視してしまうので、これを見逃してしまうと症状も進行していきます。

 

気分の移り変わりが激しくなるので、午前中と午後では全く別人のようになってしまうこともあります。

 

ちょっとしたことにも過敏に反応するので、周囲の人も対応の仕方に注意が必要です。

 

またパニック性不安うつ病の場合は、自傷行為を起こしやすいので注意が必要です。

 

今はうつ病にも様々な種類があることが分かってきていますが、種類ごとに対処法や治療法も変わってきます。

 

診断には十分な注意も必要なので、専門医のところに行くことも大切です。

 

うつ病の中でも些細なことに過敏に反応すること、不安が強くなるほど症状も重くなっていくので不安を取り除くことも大切です。

 

過敏な反応と大きな無気力が特徴ですが、適切な治療をすればうつ病の種類に関係なく克服することができます。

 

時間はかかりますが、本人だけでなく周囲の人の協力やサポートも必要なのでここも治療には欠かせません。

 

気分がいいと感じる時もあるので、できるだけ気持ちを動揺させないことも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

パニック性不安うつ病

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。