うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


非定型うつ病

 

非定型うつ病もうつ病の一種です。

 

非定型うつ病の特徴としては、落ち込んだ状態もあるものの、嬉しいと感じることや楽しいと思えることが起こった時に、一瞬にして元気になるものです。

 

しかしこれはあくまでも非定型うつ病の症状であり、うつ病を克服したわけではありません。

 

気持ちよさそうとか、気分が良さそうだということは周囲の人も一目でわかりますが、この状態は長続きしません。

 

すぐにどっぷりと落ち込み無気力状態に戻ってしまいます。

 

しかし非定型うつ病では、他の特徴が見られることもあります。

 

一般的なうつ病は朝型弱く、夕方〜夜になるにつれて元気になっていきます。

 

非定型うつ病はこれとは逆になる傾向があります。

 

人によっては朝型に弱いこともあると言いますが、夕方〜夜にかけて異常に食欲が増すので、うつ病とは思えないほどたくさん食べることがあります。

 

夕方から夜にかけて過食になる傾向があるので、みるみる太っていくこともあります。

 

今はうつ病にも種類があることが分かってきていますので、きちんと診察を受けどのタイプのうつ病なのかをしっかりと確認しておくことも大切です。

 

非定型うつ病でも治療法はあるので、医師の指示に従いきちんと治療を続けることが大切です。

 

また過食に走る傾向もあるので、家族や周囲の人の支えも必要です。

 

意外と人の目を気にするのも非定型うつ病の特徴なので、常に人の顔色を伺うようなこともあります。

 

一般的なうつ病とは少し違うのも、非定型うつ病の特徴です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

非定型うつ病

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。