うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


躁うつ病(双極性うつ病)

 

躁うつ病(双極性うつ病)はうつ病の一種ですが、一見うつ病だとは思えないほどテンションが高い状態を言います。

 

躁うつ病(双極性うつ病)の躁うつという状態を指しますが、双極性であるためテンションが異常に高い時とものすごく落ち込むという両極端の状態になります。

 

状態もいいので本人もうつ病であることを忘れこともあるため、躁うつの状態では治療を受けずにいることもあります。

 

しかしテンションが高く気分が良い時でも、完全にうつ病を克服したわけではありませんので治療を続けることが大切です。

 

余りにも機嫌が良く調子も良さそうなので、周囲の人も「うつ病が治った?」と勘違いしてしまうこともあります。

 

しかし気分がいい状態と悪い状態を繰り返すので、治療法もそれぞれの状態に対応したものであることが大切です。

 

躁うつ病(双極性うつ病)の特徴としては、ものすごく調子がよく眠らなくても異常な程元気かと思うと、次は無気力な状態になってしまうことです。

 

これを繰り返すのもうつ病の特徴ですが、どのくらいの時間この状態が続くかは個人差もあります。

 

何日か続くこともあれば、数時間の場合もあります。

 

躁うつ病(双極性うつ病)であると気づくことも大切なので、常にどのような精神状態かを見守り、それにあった対応をする必要があります。

 

日によって全く状態が違うこともあるので、周囲の人もしっかりと把握しておくことも大切になります。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

躁うつ病(双極性うつ病)

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。