うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


大うつ病(単極性うつ病)

 

うつ病には種類があります。

 

大うつ病(単極性うつ病)もその一つですが、種類によっては症状の出方が違ってきます。

 

大うつ病(単極性うつ病)の場合は、抑うつ状態だけが出るという特徴があります。

 

抑うつ状態と聞いてもあまりピンと来ない人もいるかもしれませんが、とにかくどこまでも落ち込みます。

 

どん底まで落ち込んだと思ってもさらに落ち込むので、底なし沼のような感覚かもしれません。

 

常に落ち込んでいる状態になるので、体も疲れやすくなり不眠や食事も受け付けないような状態となり、痩せていくのも特徴です。

 

気持ちが落ち込む一方で、上がることがないので物事に対する興味もなくなってしまいます。

 

全てに対して無関心になるため、おしゃれだった人もびっくりするくらい変貌します。

 

このイメージが強いので、うつ病になると引きこもり人が変わったようになると思われがちなのかもしれません。

 

適応能力もどんどん低下していくので、そのままにしておくとますます症状も悪化してしまいます。

 

うつ病の場合は種類に関係なくとにかく休養が必要ですが、大うつ病(単極性うつ病)はストレスが原因になることが分かっているので、ストレスを遠ざけることも大切です。

 

大うつ病(単極性うつ病)は休養も大切な治療の一つです。

 

薬物療法や精神療法など、専門的な治療が必要になるので治療には時間もかかりますので、一旦休職や休学し治療に専念することも大切です。

 

無理は絶対に禁物なので、早めに休養を取ることも大うつ病(単極性うつ病)には欠かせません。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

大うつ病(単極性うつ病)

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。