うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


朝が起きれなくなる・疲れやすくなる

 

うつ病の症状で誰もが経験するのが、朝が起きられなくなる、疲れやすくなるといったものです。

 

これはうつ病の治療で使う向精神薬の影響もありますが、ストレスがそうさせているという説もあるようです。

 

これはいわゆるストレスに対しての体の抵抗というか、サインでもあると言われています。

 

強いストレスを受け続けることで、それをなんとかしようとして、朝が起きられなくなる、疲れやすくなることで体を休めようとする自己防衛反応のようなものと考えることもできます。

 

うつ病の原因も色々ですし個人差もありますが、極度のストレスになることから逃れようとすることでこうなるような気もしています。

 

例えば多くの場合仕事に関係したことがストレスとなりやすいのですが、朝起きて普通に仕事に行けばまたストレスになるし、それが体や精神をぐったりさせます。

 

起きられなくなるというよりも、起きたくない仕事に行きたくないという気持ちがそうさせてしまうのかもしれません。

 

無気力というのもうつ病の症状の一つですが、まさにこんな感じの連続です。

 

さらに薬が体をだるくさせるので、一層この感じが強くなるのも否定できないと思います。

 

しかし薬を飲まないといけないので仕方なく飲み続けるのも、悪循環に陥ってしまう原因かもしれません。

 

ですが、うつ病は治療をすれば回復することも可能です。

 

時間はかかりますが自分の感情をコントロールできるようになれば、起きられなくなるとか疲れやすくなるのも回復していきます。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

朝が起きれなくなる・疲れやすくなる

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。