うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


自傷行為

 

うつ病の症状にも色々ありますが、自傷行為もその一つです。

 

自傷行為といってもリストカットのように自らを傷つける行為もあれば、それがエスカレートして自殺をしようとすることもあります。

 

これは自分を責めることで精神的にバランスを取ろうとするためとも言われています。

 

リストカットや自殺をしようとする場合は、自分は存在価値がないとか、何か悪いことをしてしまったという罪悪感がそうさせるものであって、それを異常と思わないところが問題なのです。

 

そうすることで罪滅ぼしをしているように錯覚してしまったり、自らを傷つけることでどこか安心することさえあります。

 

この場合はまともな精神状態ではないので、本来の性格はどこかに行ってしまっています。

 

リストカットや自殺をするような人じゃなくても、うつ病という病気がそうさせてしまうのもうつ病の厄介なところでしょう。

 

でも本人もやりたくてそうしているわけではないのです。

 

例えばリストカットや自殺をしようとする行為も、そんなことをしたら誰かが悲しみますよね?

 

まともな精神状態ならばこのように理解できますが、うつ病の場合はそれを考える余裕はありません。

 

ある意味衝動的に自傷行為をしてしまうので、周囲の人の支えが重要です

 

私の場合はそれほど重いうつ病ではなかったものの、死んでしまいたいとか消えてしまいたいという漠然とした思いは常にどこかにあったのも事実です。

 

幸いなことに衝動的に自殺を図るようなことには至りませんでしたが、その可能性があるのもうつ病なのです。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

自傷行為

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。