うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


味覚障害・聴覚過敏・聴覚異常

 

うつ病の症状の中に、味覚障害、聴覚過敏、聴覚異常というのもあります。

 

人間の感覚を司るうちの3つに異常をきたすので、益々落ち込むこともあります。

 

例えば味覚障害の場合は、風邪を引いたとき味がわからなくなりますが、うつ病の味覚障害もこれとよく似ています。

 

何を食べても美味しく感じない、味がしないのでそのうち食べるという生きるために必要なことも興味をなくします。

 

もちろん個人差もありますが、私も一時期味覚障害で食欲が激減したことがありました。

 

今まで気にならなかったような些細な物音が、異常に気になりイライラすることもありました。

 

生活音でさえイライラすることもあるのは、やっぱりどこかおかしかったからなのだと今はそう思えますが、治療中は本当に音に悩まされました。

 

音に過敏になるので家族もイライラするので、常にピリピリしています。

 

うつ病は気分障害とも言われていますが、今までなんとも思わなかった音に無性にイライラすることもあるので、自分でも疲れてしまいます。

 

できるだけ音のいない環境も時には必要なので、支える人や家族もそれなりの苦労はあります。

 

食べることに興味を持てなくなるので、どうでもいいと思えてしまいますが、そのうち体も言うことを効かなくなってきます。

 

いかに食べさせるかも支える人には大変な苦労ですが、一旦味がわかるようになると食べることも苦痛ではなくなってくるので、好きなものを食べるとか工夫も必要です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

味覚障害・聴覚過敏・聴覚異常

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。