うつ病の症状・原因・克服法・改善法

・仕事や家事を止める。

・抗うつ薬や抗不安薬などの投薬治療を行う。

・電気けいれん療法や

経頭蓋磁気刺激治療法で脳に刺激を与える。

・心理カウンセラーの指導を受ける。


このような方法でうつ病を克服しようとしても、

効果があまりなかった人もたくさんいるでしょう。


うつ病の治療は難しいため、

即効性のあるものはありません。


うつ病を放置すると症状が悪化して、

自殺率が高くなります。


何をしても治らなかった

私の「うつ病」がなぜ治ったのか?


強い罪悪感を感じやすくなる

 

強い罪悪感を感じやすくなるのもうつ病の症状の一つです。

 

何か悪いことがあった時、失敗してしまった時、例えそれが誰か他の人に原因があった場合でも、うつ病の時は全て自分が悪いとか、自分のせいだと強い罪悪感を感じやすくなるのです。

 

罪悪感というのは自分のせいにするだけでなく、罰を受けなければいけないとか、幸せになってはいけないと自分自身を罰しようとすることもあります。

 

何を罰にあてるかは個人差もあります。

 

例えば仕事を人の2倍頑張ることで罪を償おうとしたり、限界異常のノルマをこなそうとします。

 

明らかに無理なことも頑張ろうとしてしまうので、これがかえってストレスとなり体と心のバランスが崩れボロボロに疲れきってしまいます。

 

本当に悪いことをしたのなら罪悪感を持つのは当たり前のことですが、うつ病での強い罪悪感を感じやすくなるのは悪いことをしていないのにそう思い込み自分を追い込んでしまいます。

 

これが間違った思い込みと理解できれば、うつ病の治療も効果が出ている証拠です。

 

でも最初はなかなかこれができないので、さらに自分を追い込み罪悪感でいっぱいになってしまいます。

 

うつ病の時は歯車が完全に狂った状態なので、焦れば焦るほど空回りします。

 

すぐに受け入れることは無理でも、少しずつゆっくり解決していくしかありません。

 

自分を責めずに許すということもうつ病克服への第一歩といっていいと思います。

 

そう思えるような環境作りも大切です。

 


Copyright (C) うつ病の症状・原因・克服法・改善法 All Rights Reserved.

強い罪悪感を感じやすくなる

うつ病で悩んでいた管理人がうつの症状やチェック方法、原因、病院での治療方法、薬の種類、家族との接し方、克服・改善方法などうつ病で苦しんでいる方に役立つ情報を紹介しています。